英語教材「i-smile(アイスマイル)」の英会話術を検証してみた

英語教材i-smile(アイスマイル)というのがあると聞いたけど、本当に話せるようになるのかな…。

この記事を見ている人は、もしかしたらそのように思っているのかもしれません。

私もこれまでさまざまな英語教材にチャレンジしてきては「全然話せない!」となっていたので、正直i-smile(アイスマイル)の存在を知ったときは、どうせこれまでと一緒だろうと思ってました。

でもいろいろ調べている中で少しずつ興味が湧いて、これでダメだったら本当に諦めようという気持ちで始めたんですね。そうしたところ…みるみるうちに英会話ができるようになったんです!

と言われても個人的な感想にしか過ぎないと思いますので、今回i-smile(アイスマイル)で習う英会話術がどのくらい優れているのかいろいろな形で検証をすることにしました

この記事ではi-smile(アイスマイル)がどんな教材なのかを解説していくのと一緒に、その検証結果をまとめています。i-smile(アイスマイル)を始めようかどうか悩んでいる人の手助けになれたら嬉しいです。

i-smile(アイスマイル)はこれまでになかった英語教材!

i-smile(アイスマイル)はこれまでになかった英語教材!

i-smile(アイスマイル)はネイティブとスラスラ話せるようになるために、まったく新しい方法で英会話術を教えてくれる教材です。「そういうのは、ほかの英語教材でもよく聞くよ」と思われる人もいるかもしれませんが、もちろんただ新しいメソッドが盛り込まれているだけではありません。

まずはi-smile(アイスマイル)を監修した講師と、i-smile(アイスマイル)では具体的に何をしてくれるのかについてご紹介します。

講師はデイビッド・セイン!

i-smile(アイスマイル)を制作した先生は、あの有名な英会話講師デイビッド・セインです。これまで何冊もの英会話の本を出版しているので、英会話を少しでも勉強しようとした人なら絶対に知っていると思います。それくらい有名な先生ですね。

デイビッド・セイン先生はアメリカ人ですが、20数年前に来日してから今日に至るまで多くの日本人に英語を教えてきました。今回のi-smile(アイスマイル)では、先生が英語を日本人にレクチャーしていく中で編み出してきたさまざまなメソッドやノウハウが詰まっているんです。まさに“英会話を学びたい日本人のため”だけに作られた英語教材と言えるでしょう。

i-smile(アイスマイル)でやってできること

i-smile(アイスマイル)でやってできること

i-smile(アイスマイル)では、確実に英会話スキルを磨くために独自に制作された1回15分のドラマを見て勉強します。特別なことはせず、ただ視聴するだけです。それを2ヶ月ほど継続することで、今の自分には想像がつかないくらいスムーズに英会話ができるようになっていきます。

ネイティブが何を言っているのか聞き取れるようになるでしょう。ネイティブに伝わる英語が話せるようになるでしょう。結果的にスムーズなコミュニケーションが取れるようになり、海外旅行は通訳いらず、ビジネスでの評価もアップというのも実現できるようになるんです。

本当にそれでできるの?

本当にそれでできるの?

「本当に?」と思う人もいるでしょう。その気持ちはよくわかります、私も最初はそうでしたから。ですがi-smile(アイスマイル)はその短いドラマの中に、さまざまなメソッドが盛り込まれているんです。ひとつずつ詳しく説明していきますね!

語学学習用に制作

そもそもドラマを見て学ぶのであれば、別にi-smile(アイスマイル)でなくてもいいのではないかという意見もあると思います。ですが海外のドラマはよく聞くとわかるのですが、正しい文法で言っていなかったりスラングと呼ばれる俗語表現が使われていたりすることが多いんです。

i-smile(アイスマイル)の目的は英会話術をアップさせることにありますから、日本人がきちんと英会話ができるように語学学習用に制作されています。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、勉強するためのドラマというのはこれまでなかったんですね。これがi-smile(アイスマイル)で確実にスキルアップできるひとつ目のメソッドです。

スマート字幕でぐんぐんレベルアップ

i-smile(アイスマイル)のドラマでは、スマート字幕という字幕が放送中に表示されます。これは理系最難関大学で知られるマサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology)で提唱されている理論で作られたもの。スマート字幕で勉強した場合、教科書や参考書などのテキストを使った勉強のなんと2倍の効果が得られるんです!

数字で言うともしかしたらピンと来ないかもしれません。ですが実際やってみると、「ああ、なるほど!」と思えるくらいぐんぐんスキルアップしていくのを実感できます!

1回15分なのもポイント

i-smile(アイスマイル)のドラマは1回15分と時間が短いドラマです。忙しい平日の朝でも、夜寝る前でもさくっと手軽に見ることができます。また見るだけで勉強できるので、朝の身支度をしながら、通勤の電車の中でも学習できるのもポイントです。

こうしていろんな機会で学べるということは、毎日継続して見るのも簡単ということですね。日本人が日本語を話せるのは、日常的に触れているからこそ。これは英語も一緒です。i-smile(アイスマイル)は着実に英会話ができるようになるために、日本人のライフスタイルに合った学習方法が考えられた教材なんです!

i-smile(アイスマイル)こだわりのドラマ

i-smile(アイスマイル)こだわりのドラマ

1回15分のドラマでみるみる英会話術が向上するのがi-smile(アイスマイル)の特徴です。実はそのドラマにも、英会話を楽しく学べる工夫がこらされています。i-smile(アイスマイル)を語る上で忘れてはならない大事なことなので、ここでしっかり説明していきます!

民放のドラマ制作会社が担当

民放のドラマ制作会社が担当

英語学習用のドラマと聞くと「面白くなさそう…」と思う人もいるかもしれません。確かに英会話スキルを上げたいという気持ちはあっても、内容が面白くなければ飽きてしまうものです。

ですが、i-smile(アイスマイル)のドラマは、民放でドラマの制作に携わっている会社と共同で作られています。構成・脚本・撮影・編集などにすべて関わっているので、視聴するドラマは普段見ているものとまったく違和感がなく、ドラマを見る楽しみをそのまま味わいながら勉強できます

出演するのはプロの役者たち

出演するのはプロの役者たち

さらにi-smile(アイスマイル)のドラマに出ているのは、プロの役者さんたちです。不自然な演技だとそればかり気になってしまって集中できませんが、i-smile(アイスマイル)のドラマは役者さんの上手な演技でどんどん引き込まれていきます。15分なんて本当にあっという間ですよ。i-smile(アイスマイル)のとてつもないこだわりがここからも伝わってきますね!

i-smile(アイスマイル)の英会話術が本当にいいのか検証してみた

i-smile(アイスマイル)の英会話術が本当にいいのか検証してみた

ではいよいよ、i-smile(アイスマイル)の英会話術が本当にいいのか、それを検証した結果をご紹介していきます。検証その1その2実際に私が勉強したあとに行ったもの検証その3は友人にi-smile(アイスマイル)を紹介してもらったときのものです。i-smile(アイスマイル)で勉強するとどうなるのか、そのイメージづくりの参考にしてもらえたら嬉しいですよ。

検証その1「ネイティブの友人と会話してみる」

i-smile(アイスマイル)を勉強して1か月くらい経ったときに、たまたまネイティブの友人と再会する機会があったんですね。彼はずっと日本に住んでいるので日本語はペラペラ。正直英語で話さなくてもよかったんですが、せっかくi-smile(アイスマイル)をやっていたので、私と英会話をしてくださいとお願いしました。

最初は緊張したのですが、私の言いたいことが彼に伝わっているのがわかるとそこからはもうスラスラでしたね。「君の英語は本物だよ!」と言ってくれて、とても感動したのを覚えています。特にi-smile(アイスマイル)の効果を実感したのは、彼がドラマで使われていたフレーズをドラマどおりに発音したとき。自然と「あっ!これ聞いたことがある!」となったんです。i-smile(アイスマイル)はドラマを見るだけだけど、本当に英会話に必要なメソッドが詰まっているんだなと思うことができました。

検証その2「外国人を案内してみる」

ネイティブとはいえ、私の友人でもあるのでもしかしたら気を使ってくれたのかもしれません。そこでもう少し実践レベルで実力を試したいと思い、私は外国人観光客の多い大型の駅前に行ってみたんですね。

しばらくすると、道に迷った外国人が私のところに来て道を尋ねてきました。驚きましたよ。その方の話す言葉がすぐにわかったんですから…!ネイティブの友人と話していた経験はもちろんありましたが、しっかりリスニングすることができたので、私は臆することなくその方の行きたい場所を英語で説明してあげました。とても感謝されて気持ちよく見送ることができたときは、i-smile(アイスマイル)をやっていて本当によかったなと思いました。

検証その3「英語が苦手な友人にやってもらう」

英会話術が身につくのには多少の個人差がありますが、i-smile(アイスマイル)で勉強すればレベルアップすることは間違いないと思います。私はそれを証明するために、英語が苦手な友人にi-smile(アイスマイル)を勧めてみました

友人もあまりにも勉強の仕方が簡単なので「嘘でしょう?」と言っていましたね。英会話教室に頻繁に通いながら話すことができずに悩んでいる人でしたから、そう思うのも仕方なかったかもしれません。私はなんとか説得して始めてもらいました。そしたら2ヶ月後に友人から、「英会話の先生に発音が素晴らしいですね、って褒められたよ」という連絡がきたんです!

英会話スキルが優れている人に褒められたということは、それだけ本物だということですよね。そしてi-smile(アイスマイル)が、これまで英会話教室に通っていたけど話せるようにならなかった、という人でも英会話が堪能になるということが言えるでしょう。

最後に

最後に

私がi-smile(アイスマイル)で英会話術を身につけることができたのは、もともと英語が得意だったからではありませんむしろ中学校での英語がやっとで、高校生のときはまったくダメでした。今でも自分が英語で会話をできるようになっているのを不思議に思うときもあります。

ただ検証結果でもわかってもらえたように、英語に対する苦手意識がなくなったのは確かですね。英語が苦手だと思っている人にどんな教材がおすすめか聞かれたら、私は間違いなくi-smile(アイスマイル)を選びます!