デイビッド・セイン先生の来歴と実績

デイビッド・セイン先生の来歴と実績

i-smile(アイスマイル)は英会話初心者からほかの英会話レッスンで苦労してきた人まで、さまざまな人が上達していることで話題を集めています。そんな多くの人がレベルアップできるのには、この英語教材の筆頭講師がデイビッド・セイン先生だからという理由もあるんです。ここで先生の来歴や実績を知って、i-smile(アイスマイル)のすごさをさらにわかってもらえれば嬉しいですよ。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ

デイビッド・セイン先生ってどんな人?

デイビッド・セイン先生ってどんな人?

まずはここでデイビッド・セイン先生の経歴についてご紹介していきます。どんな大学を出ているのか、これまでどんな仕事をしてきたのか。これらを知ることで、先生がいかに優れた実力を持っているかより理解を深められると思います。

有名大学を卒業

1959年にアメリカで生まれたデイビッド・セイン先生は、カリフォルニア州にある1899年創立の大学、アズサパシフィック大学(Azusa Pacific University)の大学院を卒業。社会学の修士号を取得しています。

アズサパシフィック大学の入学難易度

アズサパシフィック大学に入学する高校生の成績平均値(GPA)は3.7。全米平均3.0で3.5以上なら優秀と言われているので、非常に頭のいい生徒さんでないと入学できないことがよくわかりますね。実際、西部地区ベスト大学の上位にランクインし、難関大学であると評価されています。

翻訳・通訳のスペシャリストに

先生は1984年2月から1986年9月まで、アメリカでフリーランスの翻訳・通訳として働いた経歴もあります。取引先はスバル/いすゞ合併会社や日立製作所証券会社と大手ばかり。先生の実力が高く、またいかに信頼されていたかがわかります。その後証券会社に約4年間働いてから来日。1990年10月から1998年10月まで再びフリーランスの翻訳・通訳として活動します。ちなみにそのときの取引先は、日産自動車や日本テレビなどこれまた大手だったようです。1992年4月から1996年には、ISS通訳研修センターの通訳講師も務めました。

今は何をしているの?

先生は1998年11月からAtoZ Education株式会社の取締役となり、現在に至ります。AtoZ Education株式会社は、出版物の企画や編集、ビジネス書などの翻訳、国際ブックフェアのミーティング手配など英語をテーマにしたさまざまな業務を行っている会社です。ほかにも日本語が堪能な英語講師が多数在籍するエートゥーゼット英語学校を運営しています。

デイビッド・セイン先生のすごいところ

デイビッド・セイン先生のすごいところ

デイビッド・セイン先生は有名大学大学院の卒業したあと、多数の大手会社と通訳・翻訳として活躍してきました。それだけでもすごいことですが、現在も会社を運営しながら日本語と英語の橋渡し役となり精力的に活動をし続けているんです。ここではデイビッド・セイン先生の特筆すべき活動内容をご紹介していきます!

著作多数

やはりデイビッド・セイン先生のことを語る上で、著作のことに触れないわけにはいきません。というのも、先生は現在に至るまで300冊以上の本を出版しているからです。書店に行けば先生の本が本当にたくさん並んでいます。先生の名前を本から知った人も多いでしょう。出版された本はいずれもデイビッド・セイン先生らしい切り口で書かれていて面白い本ばかりなのですが、せっかくなのでここでおすすめの本を2冊ご紹介しますね。

『mini版 爆笑! 英語コミックエッセイ 日本人のちょっとヘンな英語』アスコム

2012年にアスコムから刊行され、販売部数30万部超えのベストセラー『爆笑! 英語コミックエッセイ 日本人のちょっとヘンな英語』の文庫版です。日本人が使いがちなフレーズが実はネイティブにはこんなふうに聞こえているんですよ…という内容を、漫画で面白おかしく紹介してくれています。ちょっとした話のネタを仕入れながら勉強もできる、という一石二鳥な本です。

『ネイティブはこう使う! マンガでわかる前置詞』西東社

『ネイティブはこう使う! マンガでわかる前置詞』は、「in」「on」などの前置詞をネイティブがどう使い分けているのかを漫画で丁寧に解説した本。3人の登場人物が繰り広げる愉快なドタバタ劇が面白く、何度読んでも飽きないのが魅力ですね。i-smile(アイスマイル)で英会話を学びながら、この本でより知識を深めるのもいいと思います。

テレビ出演やコラム連載

デイビッド・セイン先生は本の執筆活動以外にも、NHKの日本語学習番組に出演したり、日経新聞などでコラムを連載したりしています。それ以外にバベル翻訳外語学院の翻訳講師、英語教育推進事業団の学術顧問も担当と、本当にどこにそんなバイタリティがあるのかという感じですよね。さらに受験生向けの英語学習サイトや、日本文化を英語でプロデュースする英語学習サイトの監修もしているから驚きです。

最後に

最後に

デイビッド・セイン先生の活動は、一言で語るのは到底無理なほど多岐に渡ります。唯一言えるとすれば、日本人に英語を教える講師としてこれほど実績が豊富な人はいないことでしょう。

今回の英語教材i-smile(アイスマイル)は、そんな先生が筆頭講師として丁寧にレクチャーをしてくれます。経験に裏打ちされた確かな実力を、i-smile(アイスマイル)を通して体験してみてはいかがでしょうか。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ TOPページを見る